不運なことが起きたとき、「運が悪いからしかたない」と思っていませんか?

運気を上げるのは実はそんなに難しくありません。

「運を呼び込みたい!」その心がけと準備次第で誰にでもできるのです。

ここでは、運を呼び込むために知っておきたいポイントを3つ紹介します。

運は誰にでも呼び込めるもの!

運とは本来ならば誰にでも呼び込むことはできるものなんです。

「もともと運が悪い」と思っている人もいるかもしれませんが、あきらめる必要はありません。

運気を上げることは誰にでも可能です。

とはいえ、呼び込むための自分自身の準備が必須です。

運気は人を引きつける力と同じだと考えられています。

そのため、ご自分自身の考え方を変えてみたり表情や態度を改めてみたりすることで、自然と周囲に人が集まるようになり、運気も上がりやすくなるのです。

一番大事なのは自分が変わること

運を授かると人気のパワースポットに行けば運気が上がると思いがちですが、澱んだ気持ちでそこに行った場合、たとえ運気が頭上に来たとしても気づかないですし、まず運は掴めないです。

運をつかむ為には自分が変わることがなによりも大切です。

運とは目では見えないですがキラキラ光っており、よどんだ思いのままではキラキラしたも運は舞い込んできません。

運を呼び込めるよう自分を変える手段として、たとえば運が舞い込みやすい環境を整えるのも良い方法です。

運を呼び込む方法①嫉妬や妬みを持たないよう心がけよう!

自分に対して否定的、悪いことがあると人のせいにする、嫉妬心、妬みがあると運は降りてはきません。

何故なら澱んだ心には、運は滞在しようとはしません。

あなただって清掃が行き届いていないホテルの部屋は嫌ではないですか?

運を呼び込むためには自分自身自身の心から澱みを払うことが大切です。

周囲の人に対する感謝の気持ちを忘れずにいつも笑顔でいるよう心がけましょう。

他人の幸福を喜び、自分の幸福を自慢しないという姿勢でいれば、運気も上がりやすくなります。

運を呼び込む方法②常にポジティブでいよう!

欲ばかり言い過ぎて普段の生活がグタグタであれば負のオーラが出てしまい、同じく負を持った人ばかり身近に寄ってくる、、、そんな悪循環に陥っていませんか?

「類は友を呼ぶ」ということわざの通り、運気が落ちると運が良くない人が集まりがちです。

澱みがますます大きくなってしまうので、運が遠ざかってしまいかねません。

だから、前向きに物事を考える、ポジティブな気持ちでいるということが大切なのです。

運を呼び込む方法③言葉や表情も前向きに!

考え方や態度は言葉にも現れます。

だから普段の自分の言葉に気をつけて下さい。明るい自分でいると言葉も変わります。

顔の表情も変わります。

心が前向きになると自然とやわらかい表情になるので、周囲の人も話しかけやすくなり印象もアップするでしょう。何も難しくはないですから。

他人は自分を映す鏡といわれることがあります。

これは、自分が相手に敬意や感謝の気持ちを持っていれば、相手も同じような気持ちになりやすいということ。

「周囲の人の態度が冷たい」とか「最近運が下がっているかもしれない」と思っている人は、自分自身の言葉づかいや態度について見直してみましょう。

ご自分自身でも気づかないうちにネガティブな態度や表情、言葉づかいになってしまっているのかもしれません。

運を呼び込むことは誰にでもできます。

お金や特別なツールは、必ずしも運を呼ぶためには必要ないかもしれません。

ご自分自身の心から澱みを払うだけで良いのですから、すぐにでも取りかかれるのではないでしょうか。

 

まずは考えるより実践して明日から運を呼び込もう!

パワースポットに頼るだけでは、運気を上げるのは難しいかもしれません。

運はキラキラしたもの。

自分自身のネガティブなところもポジティブなところも全てご自分自身。

ならばネガティブな自分を愛し統合するのです。

ネガティブな自分は外的要因、つまり外からの敵から心を守ろうとする防御のご自分自身であるとこも考えられます。

ご自分を愛することがベースになればネガティブな思いは出てはきません。