大人の女性なら、ドラマのようないい恋をしたいとか、素敵な人と出会い結婚したい!と思い恋愛をしていますよね。

多くの方がそんな純粋な気持ちで恋愛に入るはず。

ですが皆様ご存知のように、世の中では近年は不倫をする方が増えているのです。

本当は結婚したいはずの女性が、不倫によって婚期を逃してしまうケースも非常に多いといえるでしょう。

不倫と婚期の関係についてみていきましょう。

不倫をすると本当に婚期を逃すの?

不倫と婚期という2つの関係は確実にあるといえるでしょう。

不倫をしている方の方が、不倫をしていない方よりも婚期を逃したり結婚が遅くなる確率は高いです。

皆さまも想像できるかもしれませんが、不倫が成就する確率は普通の恋愛よりも圧倒的に低いという理由があります。

不倫に時間を割いている間に、結婚できるかもしれない素敵な他の方と出会う時間を削っているという可能性も考えなくてはなりません。

不倫をしようとしている方、また今現在している方が婚期を逃さないために考えるべきことをお伝えします。

思いがけず不倫になるケースもある

不倫をする女性は、誰もが最初から不倫とわかって恋に落ちるのではありません。

「この人なら大丈夫!いつか結婚したいな・・・」と思っても、いざお付き合いをしてみたら実は既婚者だった!ということもあります。

女性が恋をすることに関しては誰も責めることはできません。

ただ「好きになった人が既婚者だった」とわかった段階で、ちゃんと「自分を幸せにしてくれる相手なの?」ということを冷静になって見極めてみましょう。

恋する気持ちは深くなる

不倫経験者の声でよくあるのが、最初はのめりこむ=配偶者から奪うまでの気持ちはなかったということ。

ただ最終的には不倫相手に対し強い気持ちをもってしまう方がとても多いのです。

人間の欲は、月日が経つごとにどんどんと深くなるもの。

最初は不倫相手でもいいやと思えていても、何回も逢瀬を重ねるうちにその人を本当に欲しい、結婚したいという気持ちが芽生えます。

そうなると当然ですが、幸せな相手の家庭を壊すしか道はありません。

相当な覚悟も必要となってくるのです。

そして一度盛り上がった気持ちを抑えることは、とても大変なことといえるでしょう。

幸せにしてくれるかを考えること

不倫相手と結婚したい!と思ったときには、当然ですが相手の気持ちも関係してくるということを忘れてはならないのです。

奥様や子供との将来を手放してでも、あなたと一緒になりたいと思ってくれる気持ちがあるのかを見極めないといけません。

そこまでの覚悟がある男性は実はそれほど多くはありません。

自分に対し責任をとるという行動をしっかりしてくれるのかをよく相手をみながら考えましょう。

そうでないのなら、その恋を成就させるためにわざわざエネルギーを使う必要はないのです。

不倫は有効な時間の使い方なのか

結婚ということをゴールに置いている場合、普通の方との恋愛と比べて、不倫は結婚する上では不利というのは誰しもがわかる事実です。

不倫を必ずしも否定することはできませんが、この事実は統計データから見て間違いはありません。

相手のいる方と結婚はできませんので、不倫相手にまず別れてもらう必要があります。

相手はそうすることに対して莫大なエネルギーを使うことになるでしょう。

すんなり別れてくれればいいですが、相手の奥様がそんなに簡単に別れてくれるかもわからないですし、下手をすると金銭的保証をする必要があるんです。

そうなったときに、お相手の方にとってあなたと結婚したい気持ちが勝るのかということも考えましょう。

違うなら不倫はやはり時間の無駄な浪費になってしまう可能性があるということも頭に入れておきましょう。

輝ける年齢で婚期を逃がさないために

不倫の全てが無駄ということはないですし、100%成就しないとももちろんいえません。

ただし女性の最も輝ける時間は無限ではないので、無駄な時間はすごさない方が婚期を逃すことは少ないです。

また、不倫をする男性はまたどこかであなた以外の人と不倫をする可能性がないとはいえません。

そこも見極めなくてはなりません。

女性が可愛く輝いている年齢は短く、実際には31才未満だそうです。

(もちろん、決してその他の年齢が輝いていないのでありません。)

ならば、あなたが一番輝いている時期をもっと輝かそう、キラキラしたものにしようとは思いませんか?

輝ける時期に先のない不倫をしていて、最終的に婚期を逃すということがあっては人生がもったいないです。

嫉妬心は女性を醜くする

実際、不倫をして楽しいという人はどれくらいおられますか?

不倫であろうと上手くいっている時は誰でも楽しいですし、そこで女磨きをするのは良いと思います。

但し嫉妬磨きは不要です。嫉妬はご自分の顏も心も醜くするものです。

醜くなった女性には男性は近づきませんし、嫉妬心が強くなるともっと不倫相手をほしくなると思います。

執着心が芽生え純粋な愛はダークな愛となり、この人しか見えない状態になってしまいますし、

目くら状態の愛は”愛は盲目”といい追いかける執着へと変わっていってしまうのです。

あなたが後悔をしないハッピーな選択を

最後にももう一つお伝えしたいのは、ご自分の結果を出せないと感じた時点で、あなたの幸せを願う男性ならあなたを手放します。

そうなったときにあなたはどうしますか?

将来がみえない男性との時間は瞬く間にすぎてゆく。同時に女性の年齢も着実に歳をとります。

これも必要な経験かもしれませんが、何かが違っていて悲しくもなるお付き合いはお勧めしません。

婚期とは辛い恋愛をしている時は巡ってはきません。

辛い恋をしてると折角の本来の恋愛運、結婚運も逃してしまいます。

婚期を逃してしまったとしても辛い恋や愛は好きですか?

あなたの人生ですので、後悔しないハッピーな選択をするべきです。

全てはあなた次第なのです。